真夏のパリ、10日間(Paris)

 

1991年8月、光化学国際会議出席のためパリに入る。仕事はほぼほったらかしで遊び廻っていた(まだ学生だったもので)。10日間もパリに居たのに、結局ルーブルやオルセー等の美術館は一カ所も行かず仕舞い。美術に興味を持つ私にしては摩訶不思議な行動であった。

おなじみ、凱旋門

凱旋門の上から望むパリの町。確かに大都会

夜の凱旋門

地下鉄といっても地上も走る

ご存じ、エッフェル塔

セーヌ川

<  PREVIOUS

NEXT >

Intro.html
1991_Europe_%28Le_Havre%29.html

パリに到着してまず行ったところが凱旋門。ホテルがオペラ座に近かったので、歩いて行ける範囲にこれがあった。大学の先生と一緒に行く。先生はフランス初渡航。空港からホテルに向かうRATPの中でいきなりスリに遭うという不運。私は二度目の渡航だったので、防犯対策をしておいたのが効を奏して無被害。

真下から凱旋門を見上げる。やはり大きい

パリ移動の足、メトロ。綺麗じゃない、小便臭いとあまりいい印象がない。それでも、パリのエスプリを感じる場所であるからまた不思議

エッフェル塔を正攻法で撮る。陸軍士官学校よりエッフェル塔を望む

映画「ブラックホール」に出てくる宇宙船はエッフェル塔をモデルにしたとか

東京タワーと違って真下から塔を見上げられるのは面白い

エッフェル塔よりセーヌ川下流側を望む。中央の島は白鳥の小径と呼ばれる

ノートルダム大聖堂。裏から見るとこんな感じ