万里の長城・八達嶺 (Badaling)

 

もはや申すまでもない。北京郊外観光では一番の目玉。乗り合い観光バスもあるが、なるべく日本語ガイドバス(バカ高い)か英語ガイドバス(日本語バスより安い。英語の出来る人向き)をお勧めする。国営お土産屋に強制的に連れて行かれるが、買い物は無理にしなくても良い。八達嶺で摂る昼食(ガイド料金込み)はかなりのボリュームだった。

万里の長城・八達嶺は入り口となる居庸外鎮、北門鎖錠から北に女坂、南に男坂へと分かれている

延々と延びる長城

男坂の方が勾配は急だが、景色はこちらの方が遙かに良い。人も多すぎない

かなり急。雪があるので気をつけて登らないと危ない

男坂の頂点から見る長城

こちらは女坂、登りやすいため、多くの人がこちらに来る

観光用の駱駝と長城。この日、駱駝は客もいなくて楽だった(^_^;)

居庸外鎮、北門鎖錠を見下ろす。おみやげ広場

明の十三陵

明代の皇帝達の陵墓。三代皇帝永楽帝以後、十三人の皇帝の墓がここにある。

定陵前の広大な参道

定陵地下宮殿内部。ちょっと暗すぎたね

明楼。地下宮殿の地上構造物。非常に眺めが良い

万暦帝をたたえる碑文が明楼中心に据えられている

観光コースは定陵だけであった。時間があればもっとじっくり回りたいもの。

RETURN >

< PREVIOUS

1994_China_%28Yiheyuan%29.html
Intro.html