産業都市・シンシナティ(Cincinnati)

 

どこにでもあるタイプのアメリカの一都市。P&Gの本社があるほか、数多くの企業が集まる産業都市である。町の西側には広大な操車場が広がる。

シンシナティへはデトロイト乗り換えであった。どうもサービス今ひとつのノースウェスト

オハイオ川のほとりに建つリバーサイドスタジアム。大リーグ、シンシナティ・レッズの本拠地

オハイオ川に掛かるサスペンション橋

4thストリートからの眺め。左側の高層ビルは1930年建築のカリュータワー

高さ175m、48階建て。エレベーターを何度か乗り継いで屋上まで上がる

カリュータワーの屋上より。オハイオ川の対岸はケンタッキー州コビントン

同じく屋上より東を望む。天気が良くなかったので、景色を楽しむ雰囲気ではなかった

月とカリュータワー。屋上には星条旗が翻る

ある晴れた日の朝のシンシナティの景色

タフト美術館。レンブラントやターナーといった有名絵画を所蔵する

こちらは川を挟んだケンタッキー州コビントンの町

ドイツ風の町並みが続く。教会もアメリカっぽくない

シンシナティには縦横無尽に線路が走る。とはいうものの、旅客列車は1日1本。ほぼ全てが貨物列車

シンシナティからデトロイトへはサーブ340。2-1シートの小型機。飛行機はペラ機に限る

乗務員は想像を絶する美人。国際線のオバさんスチュワーデスとは雲泥の差

RETURN >

< PREVIOUS

Intro.html
Intro.html