中世の町、リンブルグ(Limburg)

 

フランクフルトの北西約50キロ、列車で1時間ちょっとのところに、中世以来の美しい木組みの家々が立ち並ぶ町、リンブルグがある。この町を有名にしているのは、旧ドイツ500マルク紙幣の裏に描かれている大聖堂があることである。

ラーン川から眺める大聖堂とラーン橋。これで天気が良ければ最高なのだが

小高い丘の上に立つ美しい色合いの大聖堂。7つの塔より成る

町中で見かけた蝋燭屋さん。興味深い形のものばかりが並ぶ

木組みの家々。旧市街は保護条例により昔の町並みが保存されている

NEXT >

< PREVIOUS

1998_Germany_%28Frankfurt%29.html
1998_Germany_%28Saarbrucken%29.html