マウイ島に出張 (Maui)

 

出張でリゾートに行くというのは非常に酷なことである。

もし、日焼けなぞして帰国すれば「おまえ、仕事していなかっただろう」と言われるかも知れないから。

だから、リゾート客を横目に暑い国でスーツを着る。


・・・でも、少しくらいはリゾート気分を味わってもいいよね。

というわけで、煩悩のにじみ出た写真館です。

今回のお仕事はマウイ島・カアナパリにあるマリオットで開催された米国機械学会への参加。案の定、米国本土からの参加者は殆どアロハを着込んでいる。背広姿は日本人ばかり。下の写真はホテルの部屋からの風景。何でこんなところで学会するんじゃ~。

突然のスコール。突然の虹

ホテルのプライベートビーチで見る夕日。今回は一度も泳がず(もったいない)。

ビーチのレストランでデザートのしょっぱい巨大アイスを同僚の男同士ふたりで突っつく(何だかな~)。

如何にもリゾートなビーチ。ラナイ島が目の前

学会の中休み、ラハイナのフロントストリートにハロハロしに行く

ラハイナの海岸

ラハイナで一番有名な樹、バニヤンの大樹。とにかく巨大

ラハイナ牢獄

RETURN >

< PREVIOUS

Intro.html
Intro.html

その表通り。観光客もおらず、静か

突如として現れる大仏。

ここはラハイナ浄土寺。寺の前で椰子の実を取っていたのが住職の原和尚さんだった。

この寺には日本人観光客は滅多に来ないとかで、最後には夕食までご馳走になってしまった。

この日、お寺の一室で近隣の人を集めて盆踊りの練習をしていた。

シュガーケイントレイン。昔のサトウキビ列車を観光用に転用。

始発のラハイナ駅の背後には巨大な砂糖工場が控える。もともと列車はその工場の中へ延びていた。

カアナパリ駅にて小休止

給水中

ラナイ島をバックに蒸機が走る

ホテルから見た蒸機