西欧州最高峰・モンブラン(Mont Blanc)を登る

 

旅行期間:2003年7月31日~8月10日


プロローグ

 今回の欧州行きの目的はただ一つ、西ヨーロッパ最高峰・モンブラン(4810m)に登ることである。2年前のフランス在住時から友人との間で話には出ていたものの、まさか本当に登るとは思ってもいなかった。昨年、メイルのやりとりで急に話が具体化し始め、今年の2月には友人の方から山岳ガイドの予約も取り付けて頂いた。


 私はすでに4000m峰の経験はあるとはいえ、何しろ今回は西欧州最高峰である。5000m近い山というのは全くの未経験であり、不安もないわけではない。ともかく、モンブランに登るべく国内にいるうちに訓練をしておくこととした。


 話は長くなるが、訓練も無しにモンブランに登る、という印象を与えてはいけないので、事前の話を少し。雪上ツール(ピッケル、クランポン等)の使い勝手の確認のため、6月初旬に雪まだ深い白馬岳に入る。夏は大雪渓で知られるコースも、この時期は白馬尻小屋から村営山荘まで全て雪に覆われている。葱平付近の雪面の傾斜はかなりきつく、下降の時はからずも滑落防止訓練もしてしまった。

 7月最終週、フランス行きの直前には富士山に登山。ただ、このときは小学生連れの家族二組とも一緒だったため、体力の消耗もなく高度順応だけとなった。

NEXT >

< PREVIOUS

Intro.html
s2003_Chambery.html

 さて、フランス側の手配はリヨンに住む友人に全て任せっきりである。彼の方も着々と高度順応の訓練をしているようである。で、当初、山岳リゾートして有名なシャモニーの隣村にルズーシュという村があり、そこのホテルを登山基地として使用することにしていた。が、その後彼から、知人の別荘を使わせて貰えることになったから、ホテルはキャンセルしたい、と連絡が入った。モンブラン登山のためだから、金に糸目はつけないつもりだったが、やはりホテル住まいは高くつくと考えていた矢先だったので、一も二もなく別荘住まいに決めた。別荘の持ち主も相当の山好きのお姉さんのようである。

 そんなこんなでもう出発である。


7月30日、日本出発前夜

 最初、山用のバックパックに全て詰めて行こうと考えていたが、どうしてもピッケルがネックになってしまった。バックパックにピッケルを結わえ付けただけで荷物を預けるわけには行かない(当然機内持ち込みは不可)。結局滅多に使わない巨大なトランクを持ち出し、登山用品を詰めだしたら、驚いたことにそのトランクが一杯になってしまった。うわっ、である。本当にこれと同じ重量を背負って山に登れるのか、という不安がよぎる。さりとて、登山用品に減らせる荷物もない。


7月31日、日本出発

 重いトランクを引きずり、成田空港へと向かう。チェックインカウンターで発券して貰うとき、手荷物重量をちらっと見たら軽く20キロを超えている(でも幸い超過料金は無し)。

 今回の便は日航405便パリ行きである。機内に入って、ほほぅ、と思ったのは、全席に液晶画面が付いている。ほぼ毎年国際線に乗るが、このようなサービスのある機材は初めてである。今回は昼行便ということもあり、下手に機内で寝ない方が現地に着いてから時差ぼけが早く抜ける。そのようなわけで、選び放題の映画を片っ端から見ていた。

 午後4時前、シャルルドゴール空港に到着。地下駅からリヨン行きのTGVの切符を友人に頼んで手配して貰っていたのだが、列車の時刻は飛行機がディレイする可能性も考慮して6時過ぎとしたので、約2時間何もすることもなくプラットホームの上をぶらついていた。

 TGVに乗って2時間、リヨン・パーデュー駅到着。予約を入れておいた駅併設のホテルアテナに向かう。所謂日本で言うところのビジネスホテルであるが、外国旅行客も多く利用しており、2つ星にも係わらずフロントのお姉さんは英語が堪能である。勿論ここらへんの事情はリヨン在住時から知っており、日本から迷うことなくアテナに予約を入れた次第である。

 さて、実に2年ぶりのリヨンである。すでに午後9時を回っているが、まだ外は明るい。寝るには早いし食事もせねば、というわけで、駅からほど近い昔住んでいたアパートを散歩がてら見に行き(残念なことに、我が家の隣にあった美味しい鴨料理の店はなくなっていた)、パーデューショッピングセンター内のクイック(ハンバーガーショップ)で食事を済ませた。

 

 久しぶりのリヨンは、風景は全く変わっていないものの、よく見るといろいろ変化があったようである。


8月1日、時差ぼけ解消日

 この日は、とりあえずの休養日である。友人は今日の深夜に出張先のドイツから戻ってくる予定で、明日の朝ホテルで落ち合うことにしている。この日は午前中市内を散策(この間、ビューキャンパーで モンブラン山群の掲載されているサンジェルベ地区の山岳地図を入手)を、午後は郊外に足を延ばし(シャンベリー)た。

上と左:白馬岳に登る。6月初旬は白馬はまだ雪に閉ざされた状態。日本最大の規模を誇る白馬山荘もこの日は僅か一桁の宿泊者。部屋一つを完全に貸し切りである。こんな贅沢な山小屋滞在は初めて。


下:富士山はついでなのでご来光登山。前日は悪天候の中の登山であったが、登頂日は快晴の状態。剣が峰からご来光を拝むことができた。