台北(Taipei:故宮博物院、新北投温泉、淡水)

 

 1日だけ台北に足を延ばした。1日だけでは廻れる場所に限界があるので、故宮博物院に丸1日、その足で新北投で温泉に浸かり、淡水で夕食、というコースを組んだ。

もはや説明の必要もない故宮博物院。北京の故宮にかつてあったお宝の大半はここに所蔵されている

あまりにも展示品の数が多すぎ、6時間の見学時間を取ったにも係わらず最後は駆け足になってしまった

硫黄の香りが微かに漂う温泉街

台北の北に位置する新北投温泉は、台北でも有数の温泉地。この建物は温泉博物館。戦前は公衆浴場で、昭和天皇も若い頃に訪れている

今回お湯を借りた逸邨大飯店。フロントのおばさんは流暢な日本語を話す

熱海飯店の前に掛かる橋。皆夕涼みをしている

逸邨大飯店のお風呂。ラジウム泉とか。この旅館は戦前からの建物を使った純和風旅館。お風呂の入り方は全くの日本式

足湯。湯とはいうものの暖かくはない

まるで「千と千尋」に出てくるような風景の淡水の町。淡水から渡し船でわずか10分ほど

新北投から北投乗り換えでMRTで淡水へ。駅からほど近いこの通りは夜市ではないが毎晩いつもこれだけ混んでいるそうな

 今回、台湾で見つけた掘り出し物は、梁静茹のCD「美麗人生」。日本では殆ど知られていない歌手ではあるが、台湾では大人気。CD屋の店頭に並んでいたの見て、余りに可愛かったのでつい買ってしまった。歌唱力は十分。案の定その後彼女は台湾で大ヒット。

実は、梁静茹はマレーシア出身の華人。1978年生まれの彼女、高校生の時のキャンパス創作音楽コンテストでの3位入賞がきっかけとなり、台湾に渡って歌手生活を始めた(んだって)。

RETURN >

< PREVIOUS

2003_Neiwan.html
sIntro.html