フランスアルプスの名峰・メイジュ

 

 今回、1日だけ時間を作ってリヨンの友人に会いに行った。パリから飛行機に乗るためのリヨン発のTGVが午後4時40分だったので、午前中、山を見に行こうということになった。彼とはタイフェール、ソレイユカール、モンブランと一緒に登っている。今回、時間があれば一山でも登りたかったのだが、いかんせん時間がないので、山を見るだけにしたのである。

 今回の目的地はエクラン国立公園内にある名峰メイジュである。標高こそ4000mに若干足りないが(3982m)、鋭く尖った山体はクライマーのあこがれの的である。


リヨンから車で2時間ほどで、登山基地であるラ・グラーブに到着する。冬はスキー基地として賑わうリゾートの村である。この村の標高は1491m、ここからロープウェイが標高実に3211mのルイランのコルまで延びている。ロープウェイは一旦ペイロウ・アモンで乗り換えとなる。

 観光シーズン前なので、ロープウェイは全く混んでいない。ただ、殆どの乗客はプロテクトで身を固めて自転車を担いでいる。そう、ここは夏場はマウンテンバイクでダウンヒルが出来るのである。

 ロープウェイは、日本のものとは方式が異なり、連なったゴンドラが一定間隔で登っていき、乗客の乗車時にいちいち止めるというものである。従って、空中で何回も止まることになる。

 標高が上がってくると、どんどん景色が広がっていく。今日は雲一つない快晴なので、遠くまで良く見渡せる。そして、眼前には鋭鋒メイジュが迫ってくる。

ラ・グラーブの教会よりメイジュを見上げる

ロープウェイ乗り場近くから見たメイジュ

ラ・メイジュ(3982m)

ジロース氷河

ルイランのコルからはメイジュは横に見える

 ロープウェイの終点はルイランのコル、そこから先は氷河の海である。真夏ではあるが、気温は僅かに4℃。ラ・グラーブで事前に長袖Tシャツとトレーナーを買って着ておいたのが効を奏す。ジロース氷河からの冷風を避けるようにバロン氷河側の尾根の陰に入る。

 着込んでいるとはいえ、強風に吹きさらされていると体の芯から冷えてくる。結局、ロープウェイ駅のレストハウスに避難した。


 レストハウスでは、まだ食事の時間には早かったが、従業員が気を利かせてくれて、ピザを特別に焼いてくれた。暖かいコーヒーと共に食べると、漸く落ち着いてきた。


 再びロープウェイで山を下りる。今度は一旦ペイロウ・アモンで途中下車をする。ここまで降りると暖かい風が吹いてくる。緑の草原が広がる実に気持ちのいい場所である。眼前にはメイジュ氷河が流れ落ちる様が壮観である。

メイジュ氷河

メイジュ北壁

ロマンシュ川を挟んだ対岸の村々

マウンテンバイクで山を走り下る。

 下山したところでタイプアップ。そのままリヨンへ直行しなければならない時間となった。次回は時間を作って登山に来るとしよう。

RETURN >

< PREVIOUS

2004_Versailles.html
sIntro.html