オアハカ(Oaxaca)

 

 朝までゴロゴロピーピーという状況が続いた。結局一睡もしていない。別室からは皆が起き出してくる音が聞こえるが、こちらは起き出す気力もない。とはいえ、ベッドに寝たきりでも仕方がないので、必死の思いで起き出した。ロサリオに現状を報告すると、彼女はいい薬があるからと黄色い錠剤をくれた。とにかく、これからオアハカに移動するから、下痢症状だけは止まってくれねば話にならない。薬を飲んで暫くすると下痢だけは何とかなりそうである。ともかく、ロサリオのお母さんに一泊の礼を言うと、彼女の車に乗り込み、オアハカへと出発した。

 イクステペクからサントドミンゴ・テウアンテペクまでは高速道路がある。イクステペクから東側の高速道路は建設中である。その高速道路は対面通行となっているが、日本のようなポールは中央分離帯にはない。必要とあらば追い越しも可能である。尤も、追い越しが必要なほど車は走っていない。対向車も殆どと言っていいくらい走っていない。とにかく交通量の少ない高速道路である。高速道路の側道を自転車が走っているのを見掛けた直後、馬車も走っているのを目撃した。この高速道は馬車も通行可なのであろうか。

イクステペクの中心の教会堂

イクステペク駅の中に出来た朝市

駅構内を住人が自由に闊歩している

イクステペクの町中の様子

 驚異的な風景を見た後、テウアンテペクで高速道を下り、オアハカまで国道190号線を進む。ハラッパ・デル・マルケまではごく普通の道であったが、その集落を過ぎると国道はどんどん山の中へと入っていく。殆ど真っ直ぐな道のないクネクネの山道である。沿道の風景は乾いた山と林立する柱覇王樹ばかりである。途中、いくつもある集落で飲料水のサンプリングをしながらオアハカへと進む。例え下痢でも仕事だけは欠かせない。車に揺られてはいるが、薬が効いているせいか下痢症状は現れない。ただ、外気が猛烈に暑いので、車内のエアコンは殆ど効いていない。時々休憩を入れながらの旅であった。

国道190号線の途中の町、ハラッパ

所々小さな集落が現れるが、それ以外は人気は全くなし

道路脇からの風景

 6時間も走った頃、漸くオアハカの盆地が眼下に見えてきた。オアハカにはいくつもの有名な遺跡があるが、今回は市内からほど近いモンテ・アルバンに向かった。今まで僅かな集落しかなかったところから、大都会に入ってきた、と思わせるくらい人と車が多い。時々渋滞に巻き込まれながらモンテ・アルバンを目指す。モンテ・アルバンはオアハカの町を見下ろす高台にあった。今までずっと快晴の中を走ってきたのだが、オアハカに着くと、厚い雲が出てきた。

 モンテ・アルバンは博物館となっており、入り口で入場料を払って遺跡内に入る。この遺跡は紀元前500年に建設が始まったアメリカ最古の遺跡と言われている。かなり広い遺跡群は、山頂部をそっくり切り取り、その上に石造ピラミッド等を建設している。石造ピラミッドの脇に公衆トイレがあった。漸く便意を催してきたので、その恐ろしく汚いトイレに入ったのだが(土管が地面に刺さっているだけ)、薬が効きすぎているせいか何としても出ない。朝から何も口にしていないので、かなりふらふらである。それにも関わらず、ピラミッドは頂上まで登り、遺跡内をくまなく歩き回れたことにはつくづく感心した。遺跡内の広々とした芝生の上で広い空を眺めながらロサリオたちと暫く休憩した後、この遺跡を後にした。

NEXT >

< PREVIOUS

2004_Ixtepec.html
s2004_Oaxaca2.html

踊る人々のピラミッド

球戯場の収まっている遺跡

神殿内のレリーフ

至る所にレリーフが転がされている

北の大基壇

私の体調がいまいちなので少々スネ気味のロサリオ

 町まで戻ると、今晩の宿探しである。ロサリオと共に何軒かのホテルを見てまわり、最終的にホテル・カレサ(Hotel Calesa)に投宿することになった。高級ホテルではあるが(3つ星)、1泊1万円弱で泊まれるお手頃なホテルである。荷物を部屋に入れると、オアハカの中心街を一回りした。今のところ、お腹の方は落ち着いているようである。というか、漸くではあるが腹が空き始めたのである。体調の方は急速に回復しているようである。ロサリオの案内で、オロ・デ・モンテ・アルバンという宝飾店の奥にあるレストランに行った。腹が減ったとはいえ、私の胃はまだ本調子ではないので、いろいろ食べてみたいのを我慢してお魚のメインディッシュのみ一皿注文した。

 食後、夜の町に出ると、町の中心であるソカロは大変にぎわっていた。地元の人が民芸品などのお土産の店を開いているのである。といっても、道路に敷物を拡げて、その上に商品を並べているだけではあるが。

 翌日は本来ならウアトゥルコから飛行機でメキシコシティーに戻る予定であったのだが、オアハカからウアトゥルコまでは3000m級の山を越える山道を通らねばならず、最短でも6時間は掛かる。結局、メキシコシティーまでの飛行機は諦め、オアハカからバスでメキシコシティーに戻ることにした。

夜の大聖堂