十数年ぶりのパリ


(2004年7月)

 

 パリに来るのは1991年以来実に13年ぶりである。2000年にはリヨンに住んでいたが、1年を通して通過以外で一度もパリに来なかった。ただ単にパリに行く用事がなかったからである。今回はそのパリで用事が出来たため、はるばる来たのである。13年前には行くことが出来なかったルーブルやヴェルサイユにも寄ることを予定した。

今回泊まったホテルからの風景 

ルーブルとセーヌ川を挟んでポン・デサールで結ばれているフランス学士院

ポン・デサールから見たポン・ヌフ

 今回、運の良いことに、パリ到着翌日がルーブル美術館無料開放の日であった。投宿したリュクサンブール宮殿すぐ近くのホテルからルーブルまでは歩いても10分ほど。美術館が開く時間より1時間も早くホテルを出た。ルーブル美術館、特にその無料開放の日はスムーズな入場が困難と聞いていたためである。 案の定、ルーブルのピラミッドにある入場口から百メートルほど列が出来ている。が、まだ開門前なので、このくらいの列であればたいしたことはない。私が列の最後尾に着いたあと、あれよあれよという間にその最後尾は見えないところまで延びていった。

ポン・ヌフの上から見るポン・デサールとルーブル宮

ルーブルのクール・カレ(方形広場)。地下に中世の城が眠る

クール・カレの宮殿を飾る彫像達

ここがルーブル美術館の入り口

広いドノン翼のギャラリー

ご存じ、戴冠式

NEXT >

< PREVIOUS

Intro.html
s2004_Fontainebleau.html

アングルの傑作、グラン・オダリスク

同、リヴィーエール嬢の肖像

9時の開門と共に、順調に行列は入り口に吸い込まれていく。ゲートには荷物検査があるが、殆ど形式的なものである。エスカレータで地下へと降りていくと、観客はお目当ての方向へ走って散らばっていく。

圧倒的な存在感のニケの像

仮置きだったミロのヴィーナス

メルポメネーの像(ローマ時代)

今日1日でルーブルの全てを見るつもりであったので、お昼ご飯抜き。全てを見切ったときにはすでに午後4時を回っていた。さすがにへとへとである。

エジプトのコーナーにて

旧城塞の塔の基礎遺跡

クール・カレの地下にある城壁

見学終了。もう日が暮れる