2005年、フランス・スペイン周遊紀


期間:2005年9月20日~27日

 

 今年の夏はとにかく忙しく、9月中旬のこの旅行出発前まで仕事がぎゅうぎゅうに入っていた。というか、一段落するのが夏休みというにはかなり遅い9月下旬しかなかったのである。

 ともかく、今回の行き先はスペインだが、パリ入出国というプランとした。カミさんにも私が以前住んでいたリヨンを見て貰うことと、私の同僚が今現在リヨンに赴任しているので、ちょこっと会っておこうということである。


 今回は少々事情があってかなり豪華な旅行である。フランス・スペイン国内は全て陸路移動であるが、フランス・スペイン一等パスを使うというものである。その理由としては、一等と二等とで価格差があまりないことが挙げられる。さらに、今回は2回夜行を使うが、その両者で特等車を使うというものである。いろいろ調べてみると、スペイン国鉄では、国内夜行(いわゆるホテルトレイン)は特等車の場合、個室内にはトイレシャワー洗面台付きで、しかも食堂車での朝晩二食付きなのである。食事代を考えると決して高くない寝台料金の設定となっている(エリプソスなど国際夜行列車はその約2倍はする)。


 いつもお世話になっている旅行会社に、これら列車のチケットの入手をお願いした。これだけサービス内容が良いので、これらスペインのホテルトレインは特等車から売りきれると聞いていたからである。


 切符の方は無事確保。あとは宿などを手配したら出発日を待つだけである。


・・・が、今回はすんなりとはことが運ばなかった。今回の主目的は、主にアンダルシア地方を廻って、山岳都市の数々を見ることにあったが、その中でマラガ県にある小さな山岳都市、カサラボネラ(Casarabonela)に拠点をおいてその周辺を廻る予定にしていた。しかしながら、この町にあるはずの宿何軒かにメイルで問い合わせをしてもなしのつぶて。何度かメイルを送っても、いっこうに返事が来ないので、この町は見限り、今度はロンダに拠点をおいてその周辺を廻ることにした。

 ロンダは、観光都市として有名であり、日本からの観光ツアーにも組み込まれていることが多い。勿論、ホテルを探すのにはそれほど苦労はない。あまり日本人がうようよしているのは好きではないのだが、出発までの時間も迫ってきている。仕事の忙しい時期でもあったので、新たに町を探し出すのは今回は残念ながら断念せざるを得なかった。

 さて、以下に今回の旅程を示す。実は、当初予定とは少し違ったのだが、それについては後で述べる。


2005/09/20 JL405     NRT         11:00 --> Paris       16:35

           TGV5122   ParisCDG2   18:45 --> LyonPD      20:49

2005/09/21 TGV6817   LyonPD      14:41 --> Montpellier 16:35

           Targo070  Montpellier 17:04 --> Barcelona   21:48

2005/09/22 Hotel0997 Barcelona   21:00 -->

2005/09/23                                 Granada     08:10

           AE03076   Barcelona   13:50 --> Ronda       16:31

2005/09/24 Bus       Ronda       08:45 --> Setenil     09:30

           Bus       Setenil     14:45 --> Ronda       15:30

2005/09/26 Targo9125 Malaga      12:45 --> Madrid      17:09

           Hotel0407 Madrid      19:00 -->

2005/09/27                                 Paris       08:27

           JL406     Paris       19:05 -->

2005/09/28                                 NRT         13:55


 9月20日、出発日。つくばからバスにて空港まで移動。ターミナル2のサロンで時間を潰すと、ゲートへ移動。今日は西へ飛ぶので長い一日となる。

 予定通りにパリ到着。この分なら予定していたリヨン行きのTGVに乗れそうである。で、シャルルドゴールでは今回初めてとなるバスでのターミナルへの移動である。ターミナルに着くと、どうしたことが通関ゲートが閉まっている。最初は単に職員がサボっているだけかと思ったが、待ち時間が長くなるに連れて何らかの異常事態が起きていることが伺える。別の到着便も着くと、あっという間に通関ゲート前は人で溢れかえってきた。遠くで何やら放送が入っているようにも聞こえるが、遠すぎることと人が多すぎることで全く聞き取れない。1時間以上待たされ、これでは予定していた列車に乗れないなぁ、と思っていた頃、腹に響くドン、という爆発音と共に拍手喝采の音。

 聞いた話では、不審物の爆破処理を行っていたとのこと。困ったものである。一旦開いたゲートに人が殺到し、通関職員も毎度の事ながらスタンプも押さず通関させる。

 急いで駅に向かうと、すぐにバリデーションを行い、予定していた列車の一本後のTGVを予約した。幸い、席はすぐ取れた。今日はリヨンで同僚と落ち合う予定にしていたので、何としてもリヨンに行かねばならないのだ。ついでに、明日乗る予定のリヨンからモンペリエまでの列車も予約する。 

 さすがに欧州は日の入りが遅い。7時を過ぎた頃に漸く地平線に夕陽が沈むのが見えた。

 

 リヨン・パーデュー駅に予定通り着くと、駅裏に予約していたホテルにチェックイン。すぐに同僚に電話を入れるが、腹減ったの一言。早速、私の知っているオテル・デ・ヴィルの裏通りのブションで食事するから、オペラ座の前で待ち合わせをすることにした。

 それにしても、かなり冷え込む。特に、私は日本から来たときの半袖のままでいるから尚更である。無事、同僚と落ち合うとそのブションに移動。安いブションではあるが、味は値段以上である。メニューを見ると相変わらず仔牛の脳味噌料理も出ている。私は好物のクネルを注文する。


翌21日。今朝は同僚の職場に行くことにしている。トラムのパーデュー電停で一日券を買うと、リヨン大行きのトラムに乗る。トラムの路線図を見ると、以前に比べて随分大きくなっている。だいぶ路線延長がなされているようだ。途中、偶然同僚もそのトラムに乗り込んできた。彼にも聞くと、先週ペラーシュ駅南側が開業し、さらに今度はパーデューからブロン方面に国鉄廃線路盤を利用して延長されるのだそうだ。

 リヨン大では、フランス在住時代にお世話になった先生方に挨拶をする。そのうち一人は先週の国際学会で日本に来るはずだったのだが、ドクターストップで来日出来なかったのだ。少なくとも、今回お会いした限りでは元気そうだったので安心した。

 研究室を一通り見せて頂いて、仕事の話をしていると、あまり時間がなくなってきた。残念であるが、また会える機会もあろうということで、同僚にも挨拶をして、リヨン大を後にした。


 少ない時間でリヨンを見ようと思ったら、フルヴィエールの丘に登ることである。ただ、その前に、カミさんがリヨンの朝市を見てみたいというので、クロア・ルースの丘にメトロC線で登る。すでにお昼近くなっていたが、まだ朝市は開いていた。

 次に、トラムとメトロとケーブルカーを乗り継ぐと、あっという間にフルヴィエール大聖堂に到着する。お天気も良いのだが、若干霞が掛かっていて、遙か遠くのモンブランは今日は見えない。尤も、それが見えると明日は雨、というジンクスがリヨンにはあるので、下手に見えない方が良いのかも知れない。

 フルヴィエールから歩いてローマ劇場遺跡まで行くと、今度はまた別のケーブルカーに乗ってヴューリヨンに降りる。旧市街を一通り巡ると、もうリヨンを発つ時間が近づいてきた。

 ホテルに預けてある荷物を引き取ると、パーデュー駅に戻って時間通りに入線してきたTGVに乗り込む。

タルゴは車間にわずか一軸という変わったシステムのため、車長は極端に短い

モンペリエ駅にて。フランス国内はゲンコツ電機が牽引

壊れた一等席。前のケツ出し青年が犯人

 ヴァランスから先は4年前に開業した新線に入る。旧線の方がローヌ川沿いを走る風光明媚な路線なのだが、新線の方はローヌ川を直線的に何度も渡り、丘陵地を眺めるばかりのごく普通の車窓風景であった。


 モンペリエにも予定通り2時間ほどで到着。ここからは、5時4分発のバルセロナ行きカタラン・タルゴ号に乗る。現在昼行便としてはスペイン-フランス間を結ぶ唯一の列車である。外観は綺麗になっているが、車内はかなり年季の入った雰囲気である。


モンペリエを出てると、ずっと葡萄畑の中を走り、その後は海岸沿いの湖沼地方を走る。この路線はペルピニャン方面から一度乗っている。

 私の前の座席に座ってるのはイギリス人と思われる若いカップルであるが、酒瓶をラッパ飲みするなど、一等車の客にしては品がない。座席で暴れているうちに座席を壊す。私が寝ていたところ、突然フルフラットになった前席が私の膝を直撃。こちらは驚いて目を覚ます。困ったものである。席は直らなかったが、幸い他にも席は空いていたので、そちらに移動。


 ポル・ボウで軌間変更システムに入る。フランスとスペインとではレール幅が異なるが、このタルゴトレインのみ軌間変更して両者の線路幅でも走れるようになっている現在世界唯一の列車である。車内ではパスポートチェックがあるが、係官はただパスポートを見るだけである。スペインには入ったが、すでに日が暮れてもはや車窓風景は楽しめない。

また一眠りしていると、列車はすでに地下を走っている。すでにバルセロナ市街部に入ったのである。

 バルセロナ・サンツ駅には予定通りに到着。駅前に建つホテル・エキスポにチェックイン。明日、夜行でバルセロナを発つことを考えると、駅前ホテルであれば荷物を預かってくれるというメリットがあるので、今回唯一となる4つ星ホテルに泊まることにしたのである(が、値段は79.5ユーロで大都市にしてはかなり安い)。その晩はもうすでに10時を廻っているので、ホテル前のレストランで食事。これがスペイン初の食事であった。

NEXT >

< PREVIOUS

Intro.html
s2005_Barcelona.html