グラナダ(Granada)


2005年9月22日

 

 グラナダ到着は8時10分、これまた予定通りである。駅で荷物をコインロッカーに放り込むと、早速当初目標にしていたアルハンブラ宮殿へと向かう。これだけ朝早ければ余裕で間に合うと踏んでいた。


 ところがである。アルハンブラ宮殿に到着するとすでに凄まじい長さの列が出来ている。少しうんざりしながらも、グラナダでの目的がここだったので、その列の後ろに着く。時々放送が入るが、あと何人、と言っている。あともう少しで入場、というところで本日の午前中の分は終わり、と放送が入った。今日の午後にはロンダに移動せねばならないので、午後の見学の予定を入れるわけにはいかない。というわけで、グラナダまで来ながらアルハンブラ宮殿は断念することとなった。


 代わり、といってはなんだが、ダーロ川の谷を挟んで反対にあるアルバイシンに行ってみることにした。アルハンブラ宮殿の脇にあるチノス坂を下りていくと、ダーロ川に出る。ここから見るアルハンブラ宮殿も良いものである。チノス坂に繋がるアルバイシンのチャビス坂を登っていく。途中、昨日食堂車で一緒であったアルゼンチン夫婦とばったり会った。彼らもアルハンブラ宮殿を断念したのだろうか(多分、午後の予約を入れているのだろう)。

グラナダ定時到着

グラナダ駅

グラナダスの門を抜けるアルハンブラバス

チノス坂

坂の向こうにアルバイシンが見える

ダーロ川から見上げるアルハンブラ宮殿

サクロモンテの丘

 治安的にはあまり良くないところもあると聞いていたアルバイシンではあるが、実際には真っ白な壁が続く迷路状の町並みとなっている。坂を登っていくと、サクロモンテの丘が右手に見える。あちこち洞窟が見えるが、かつてここにはロマ族が住んでいたところである。

サン・サルバドール教会礼拝堂内部

サン・サルバドール教会

 チャビス坂の終点にはサン・サルバドール教会が建っている。この教会に入るには入場料が要るのだが、確か0.4ユーロかそこらだったと思う。

ラルガ広場には朝市が立ち、ロマのおばさんが大声で覇王樹の実を売る。この広場だけは活気のある場所であった。この広場の脇の城門を通って暫く進むとサン・ニコラス展望台に出た。ここからはアルハンブラ宮殿が真正面に見える。勿論グラナダ市街をも見渡すことができる。

ラルガ広場の朝市

ラルガ広場の一角。カフェが建ち並ぶ

アルハンブラ宮殿

サン・ニコラス展望台からの風景

家族構成の分かる洗濯物

アルバイシンのモスク。ここには多くのアラブ人が住む

 アルバイシン内を暫く巡った後、サン・サルバドール教会のところからアルハンブラバスに乗る(0.95ユーロ)。車体幅ぎりぎりの狭いアルバイシンの路地を実に巧みにバスは走り抜ける。グランヴィア1でバスを降りると、そこがカテドラルと王室礼拝堂の入り口となっている。

NEXT >

< PREVIOUS

2005_San_Pedro_Sula.html
2005_Ronda_1.html

アラビア文字も

多くの家で皿や植木鉢を壁に飾っている

王室礼拝堂。ここは堂内撮影禁止なので写真はなし

こちらはカテドラル。とにかく巨大

巨大なパイプオルガンが対峙する。

カテドラル正面

アルカイセリア。フラメンコの衣装を売っている

カテドラルの隣、ロマニジャ広場の噴水

アルヘシラス行きディーゼル、アンダルシア・エクスプレス

沿線風景はずっと乾いた風景

 駅へ到着すると、アルヘシラス行きの列車はすでに入線していた。荷物をロッカーから取り出すと、列車に乗り込む。