風邪っぴきハワイ


(2005年12月15日~19日)

 

 今回もハワイ出張であるが、出発直前になって不覚にも風邪をひく。ホノルルに近づいて飛行機が高度を下げるとひどい耳ツンになって静寂が拡がる。入管で係官の声が全く聞こえず、何度も聞き返す羽目に。結局この耳ツンは翌日まで治らなかった。

 9時頃ホテルに着くものの、チェックインは午後まで出来ないとのこと。仕方がないので、ヒルトン近くの公園で昼寝。蟻ん子に這い登られながらも一時間ほど寝る。

この公園で昼寝

シェラトン・プリンセス・カイウラニ29階からの風景

オーシャンビューといいつつ、海は少ししか見えない

 お昼になったところで起き出し、ホノルルのダウンタウンへ向かう。ワイキキ・ショッピングプラザの地下で食事をすると(食欲がないので豆腐ハンバーガー1個だけ)、再度ホテルに向かう。

 幸いすぐにチェックイン出来、部屋に入るとすぐに寝る。起きるともうすでに日没。今日は殆ど寝てばかりであった。

同僚夫妻も昼寝したらしく、外が真っ暗になった頃になって漸く食事に行こうということになった。私の泊まっている部屋の真下がインターナショナル・マーケットプレイスになっており、賑やかな音が聞こえてくるので、まずはそこに行ってみようということになった。

インターナショナル・マーケット・プレイス

ピンボケだけど、これがマヒ・マヒ(シイラ)

 ここは、オープンエアのショッピングセンターとなっており、無数のお土産屋さんが入っている。このショッピングセンターの一番奥はフードコートとなっており、和洋中に加えハワイアンディッシュを選ぶことができる。

 翌日、寝てばかりでも仕方がないので、ダイヤモンド・ヘッドに行ってみることにする。この死火山はホノルルのシンボル的存在である。

 ダイヤモンドヘッドは標高たかだか232mと低く、誰でも登ることができる。風邪っぴきでふらふらの割に、山道ともなると元気が出てくるので、スタスタと登ることが出来る。

 翌日、午前中仕事を済ませると、お昼はまたインターナショナル・マーケット・プレイスのフードコートに行ってメキシカンを食す。まだだるいのでその後はまたお昼寝。夜には同じ会議に出席していたフランス在住時の先生と一緒に夕食を摂る。


 翌日、また一仕事をすると、今回同行の学生を連れてハナウマ・ベイへと行く。ホノルルからすぐに行けて景色の良いところとなると、このくらいしかない。

 クヒオ通りのシーライフ・パーク行き22番バス停で始発を待つ。バス停には時刻表も何もないが、2〜30分おきにバスは出ているとのことなので、いつかは来るだろうと至って脳天気に構える。10分ほどベンチで座っていると、果たしてちゃんとバスは来た。乗客は私と学生の二人だけである。念のため、バスの運転手にハナウマ・ベイに行くかと確認したが、確かに行くとのこと。

ホテルの前にあるキングスビレッジ

ダイヤモンドヘッドを途中まで登る

山腹から見たココ・ヘッドとココ・クレーター

ハワイの青い海

山頂からの風景

ホノルル方面を望む。無粋な高層ホテルが建ち並ぶ

空港へ向けて飛行機が降下中

ダイヤモンドヘッド下の灯台を望む

バスチケット。運転手から購入

クヒオ通りを進むと、こまめにバス停に止まって乗客を拾い集めていく。郊外に出ることには驚いたことに殆ど満員になってしまった。

ハナウマ・ベイ。綺麗な珊瑚礁が見事。もともとここは噴火口であった

 小一時間も走ると、バスはハナウマ・ベイに到着した。ここで殆どの乗客が降りる。ハナウマ・ベイに行くには、一旦海洋教育センターで講習(というほどのものでもないが)を受けねばならない。如何にハナウマ湾の環境を守っているかのビデオを見た後、漸く海岸へと降りることが出来るのである。

海水浴場のようにも見えるが、あくまでここは海洋保護区とのこと

シュノーケリングも楽しめるが、あくまで教育の一環

ハナウマ・ベイの先にココ・クレーターを望む

こちらは風邪っぴきで泳げないのが残念である

海の透明度は高い。海底に撮影者の影が映る

オアフ島東海岸

 ハナウマ・ベイで暫くのんびりしたあと、歩いてさらに先まで歩いてみることにする。モロカイ展望台の手前に岬があり、ここからの眺めは、モロカイ展望台より良い。車の駐車はできないので、歩いて行く人だけが見られる風景である。

 風景を十分堪能したら、再びハナウマ・ベイのバス停に戻る。また騒々しいホノルルの町に戻らねばならない。


以前、ハワイに行く前はハワイは俗物が行くところと思っていたが、1999年にマウイに行ったときにはその考えは改まった。が、今度はホノルルへ初めて来たら、俗物が来るのはホノルルなのだ、ということが良く判った。ダウンタウンにいる限り、僅かな英語も使わずに済むのである。ラーメン屋が建ち並び、牛角まであるのは呆れる他ない。ホテルでの応対も高級ホテルにもかかわらずマウイに比べてレベルが低い。確かに、ホノルルであれば仕事で来るには楽なところなのかも知れないが、リゾートするには最低の場所である。騒々しすぎてのんびりできない。慌ただしいスケジュールしかこなせないシけたパック旅行の日本人には最適なのかも知れないが。

 いずれにせよ、風邪っぴきで寝てばかりいたので、時差ボケは全くなかった。が、せっかくハワイくんだりまで来たのに全く泳がずじまいだったのは勿体なかった。

帰りの飛行機から見たダイヤモンドヘッド、ハナウマ・ベイのあるココヘッド

RETURN >

< PREVIOUS

Intro.html
Intro.html