ウアトゥルコまでの長い道のり

 

 今日はサン・ペドロ・スーラからサン・サルバドル、メキシコ・シティーと2都市で飛行機を乗り換え、ウアトゥルコまで飛ぶ予定である。実は、昨日サン・ペドロ・スーラのホテルにチェックインしたところ、日本の旅行会社からファクスが入っており、メキシコ・シティーからウアトゥルコまでの予定していたフライトが休止となったので、もっと早い便に振り替えるべし、とのことであった。恐らくフライトに足だけの客が集まらなかったのであろう。日本に旅行中の滞在先を残しておいて正解であった。

 サン・ペドロ・スーラからメキシコ・シティーまでは1日1便しか飛んでいない。しかも、朝6時45分発である。朝4時起きして5時にはチェックアウト。ホテルから空港直通ワゴンに乗ると、真っ暗な道を空港へと走る。タカ航空のチェックインカウンターがあろうことかホテル内に開設されており、前の日に事前チェックイン出来ていたので、空港のチェックインカウンターでは荷物を預けるだけである。

 朝日が昇る頃、飛行機も出発である。中米に来て、昨日のコパン・ルイナスだけ曇りであったが、今日はまた天気が良い。サン・ペドロ・スーラからサン・サルバドルまでのフライト時間は小一時間である。ホンジュラス側はなだらかな山のジャングルが続くだけであったが、エルサルバドル側に入ると、富士山型の火山が連なる特異な風景に変化する。

エルサルバドル国内を飛ぶ

 サン・サルバドル空港は、上空から眺めると、正にジャングルに浮かぶ空港である。廻りに町らしきものが見あたらない。

 空港ターミナルビルは、意外なことに無数のおみやげ屋さんが連なっている。サン・ペドロ・スーラの空港の土産物屋が極端に貧相だったのと比べると雲泥の差である。

 今度は、サン・サルバドルからメキシコ・シティーまでのフライトである。中米にしては珍しく今まで全て時間通りに事が運んでいる。

 メキシコシティーに到着すると、入国審査である。勿論、例の信号式手荷物検査がある。ところが、中米からの到着便の客は、青信号か否かに関わらず全員荷物検査を受ける。信号ボタンを押させる意味が全くない。

怪しい荷物は何もないので、すんなり検査場を抜けると、そのまま国内線ターミナルへと移動する。ウアトゥルコへの便を早いものに振り替えなければならない。但し、これが本日のちょっとした問題の種になった。

 飛行機の方は問題なく早い便に振り替えることが出来た。あとは、ウアトゥルコの空港で待ち合わせの約束をしている友人に連絡をつけるだけである。ところが、空港で彼女に電話を掛けても一向につながらない。今回乗る飛行機はウアトゥルコ到着が3時である。一方、フライトがキャンセルになった飛行機の現地到着時間は7時15分である。下手をすると4時間も何もない空港で待つ羽目となる。ともかく、現地に着いたらまた連絡しようということで、ウアトゥルコ行きの飛行機に乗り込んだ。

 メキシコも今日は雲一つない良い天気である。メキシコ最高峰オリサバもよく見える。一時間も飛ぶと、もうウアトゥルコである。飛行機は一旦太平洋上に出、Uターンして内陸部にあるウアトゥルコ空港に降りる。そのUターンの最中、リゾートホテルの建ち並ぶタンゴルンダ湾が一望できた。

昨年も訪れたタンゴルンダ湾

 飛行機のタラップを降りると、強烈な太陽が照らし、空気も暑い。例の茅葺きの空港ターミナルで荷物を受け取ると、空港待合所に出て、電話を探した。

 電話は結局のところいっこうに繋がらなかった。仕方がないので、待合所に併設しているカフェーで待つ羽目になった。空港ビルと一体となった、壁のない、茅葺き屋根の風通しの良いカフェーである。最後の国内線の飛行機が到着してまもなくすると、そのカフェーも店じまいを始めてしまった。

 仕方なしに、カフェーを出ると、国際線ターミナルの待合所に移動した。時々電話を入れるが、全く駄目である。こうなると、腹をくくって待つしかない。もし彼女が来なかったら、タクシーを拾って、適当なホテルに泊まるまでである。

 7時15分、ロサリオが時間通り空港に現れた。待ち疲れていたので、彼女を見たときには本当にほっとした。電話が通じなかったと少々恨み言をいったが、彼女の方はけろっと、電話番号が変わったから、の一言である。ともかく、こちらとしても、ちゃんと時間通りに来てくれた彼女に感謝するしかない。早速うちのカミさんにもロサリオを紹介する。

 夕食は、以前も訪れたサンタ・クルスのカフェ・ド・ウアトゥルコである。今はオフシーズンなので、サンタ・クルスの町もカフェ・ド・ウアトゥルコも実に静かである。満天の星空の下、食事を摂る。ロサリオと会うのは7ヶ月振りであるが、相変わらず元気そうである。カミさんがスペイン語を話せるので、ロサリオも私と英語を話すよりカミさんと話す方が楽なようだ。

 食後、ウアトゥルコの中心地、クルセシタの彼女のアパートに移動する。今回、ウアトゥルコでは彼女の家に厄介になることにしている。彼女の家に入るとカミさんが真っ直ぐ部屋にぶら下がっているハンモックに直進する。うちのカミさんは無類にハンモック好きなのである。

 漸く落ち着いて、夜遅くまで私とロサリオは話し込んだ。二人とも話すことはたくさんある。

NEXT >

< PREVIOUS

2005_Copan_Ruinas.html
s2005_Huatulco_2.html