パリ(Paris)


2005年9月26日

 

 まるで二軸貨車にでも乗っているかのような走行音を聞きながら一眠りすると、フランシスコ・デ・ゴヤ号はほぼ定時にパリ・オーステルリッツ駅に到着した。今日は午後に友人とパリ・リヨン駅で待ち合わせをしているので、今回も短時間ながらパリの見物にカミさんを連れて行くことにした。

 短時間で観光するには、やはりその土地で一番高いところに行くのが流儀である。一度に町の構造を見ることが出来る。当然、その行き先はエッフェル塔である。

 オーステルリッツ駅で荷物をコインロッカーに放り込むと、そのまま地下のRER、C線に向かう。出札口でパスを見せてコントラマルク・ド・パサージュを貰うと、改札口よりさらに深いC線・オーステルリッツ駅に下りる。

 いつものことだが、C線は暗い。駅も暗い。しかも、2階建て車両ばかりだからいつもガラガラである。パリの中心部を抜ける路線にしては侘びしさが漂う。それでも、この路線はベルサイユ方面への観光に使われるので、外国人比率は高い。

 さて、我々は僅か数駅の乗車である。駅を出ると真っ直ぐエッフェル塔へと向かう。まだ開門前の時間であったが、もうすでにかなりの列が出来ている。意外なことに、その列の中では殆ど(というか全く)日本語を聞くことはなかった。聞こえてくるのは中国語と韓国語だけである。中でも韓国人ガイドとおぼしき女性がヒステリックな声を上げ続ける。もはや日本人は団体でエッフェル塔へなぞ来ないということであろうか。スペインでの日本人の多さに比べると意外な感じさえする。

今回は300ミリレンズを使ってみた

エッフェル塔上からの凱旋門もこの通り

この中層アパートの続く風景はフランスのどの都市でも同じ風景

 エッフェル塔に登って、パリの構造を一通りカミさんにレクチャーすると、もうパリ・リヨン駅に向かう時間である。再びC線のシャン・ドゥ・マル・トゥール・エッフェル駅からオーステルリッツ駅に戻る。待ち合わせはリヨン駅であるが、オーステルリッツ駅とリヨン駅はセーヌ川の右岸と左岸に位置するので、地下鉄を複雑に乗り換えてリヨン駅に向かうより、橋一本歩いて渡った方が早いのである。

 リヨン駅で待っていると、遅れて到着したリヨンからのTGVから友人が降りてきた。今回、リヨンで会おうと約束していたのだが、我々のリヨン滞在中彼は出張でリヨンにいなかったので、今回我々の行動計画に合わせてわざわざリヨンからパリに出てきてくれたのである。

 彼とは一年ぶりである。私のカミさんを彼に紹介し、食事をするためにモンマルトルまで移動した。モンマルトルは私にとっては実に14年ぶりである。ただ、風景は何も変わっていない。お土産売りも昔同様うようよしている。

 モンマルトルの一角にある、シェ・エウゲンというカフェで食事をした。今回は余りに時間がなく、食事が終わったら我々は日本、彼はリヨンに戻らねばならない。本当に食事だけすると、再びオーステルリッツ駅に戻り、また会うことを約束して別れた。

 出札口で空港までのコントラマルク・ド・パサージュを買うと(空港までは僅かな追加料金が必要)、RER・A線に乗り込んだ。あとは空港に向かうのみである。


 今回の旅行はこれにておしまい。スペインでは、実にスムースな旅行をしているように感じられますが、実は交渉事はすべてカミさんがしていました。私ももうちょいスペイン語を勉強せねばなぁと(ちょっぴり)反省した次第。

RETURN >

< PREVIOUS

2005_Malaga.html
Intro.html