シポリテ&プエルト・アンヘル&ポチュトゥラ

 

 ついに、今日はウアトゥルコ最終日である。今日の夕方にはメキシコシティーへ移動せねばならない。

 ロサリオは我々のために有給を取ったのだが、大学で所用があるのでいずれにせよプエルト・アンヘルへ行く必要があるということなので、今日はそのプエルト・アンヘルとそこからほど近いシポリテに行くことになった。

 クルセシタからプエルト・アンヘルまでは車でも1時間掛かる。かなりの距離がある。殆ど真っ直ぐな部分のない山道を延々と走る。昨年も走っているので、どれだけ曲がりくねっているかはよく知っている。

 昨年もあったのだが、プエルト・アンヘルとポチュトゥラとの分岐点には軍の検問所がある。昨年は止められることはなかったのだが、今年はその検問で止められてしまった。検問といっても人を調べることはない。車、それもなぜかエンジンルームを調べるのである。車内やトランクは調べられなかった。何を調べているのであろうか。

 分岐点からプエルト・アンヘルまではそれまでよりもさらに道は曲がりくねる。暫く走ると、前方に海が見え始め、漸くプエルト・アンヘルの町に入った。海洋大学はプエルト・アンヘルの高台の上にある。

 昨年、海洋大学プエルト・アンヘル校を訪れたときは、凄まじいほどの熱気と湿気であったが、今回は実に乾燥していて程よい陽気である。彼女の勤めているオフィス兼実験室を見学させて貰ったが、意外なほど良い装置が揃っている。最近予算が付いて、新しい装置をいろいろ入れることが出来たのだそうだ。

 一通り大学を見せて貰ったあと、大学から車で僅か10分ほどのシポリテへと向かう。この海岸は非常に長く、また浜に沿って数限りなくカバーニャ(掘っ立て小屋風ホテル)が続く。

シポリテの浜にて

シポリテの浜から大学のある丘の方を望む。カバーニャが延々と続く

長々と続くシポリテの海岸

 ロサリオはこれから大学で所用があるというので、暫く我々にはここで待っていてほしいということなので、確実に時間が潰せるハンモックでの昼寝をすることになった。

 一軒のカバーニョでハンモックを借り、それにくるまって海風に吹かれてぶらぶらする。海は結構波が高く、泳ぐには不向きだったが、サーフボードをするには申し分のない波である。多くのサーファーがカールやチューブの中に入っていく。

波乗りする人々

シポリテの海岸での一コマ

ハンモックでぶらぶら

 このシポリテはヌーディストビーチなのだそうだ。事実、何人かは砂浜に入る時にすっぽんぽんになっていく人もいる。逆に、浜から上がる場合には、ちゃんと服を着る。一応ルールはあるようである。


 波音を聞きながら一時間ほど昼寝をしていたら、ロサリオに起こされた。どうやら、彼女の用は終わったようだ。

 時間も丁度お昼になったので、これから食事に行くことになった。その前に、一旦プエルト・アンヘルに立ち寄る。そこの海岸もまだ一度も行ったことはなかったのだ。

シポリテのストリートにて。色鮮やかな花々の咲く土産屋

 シポリテから車で10分ほどのプエルト・アンヘルに向かう。途中、大学のある丘を越えるが、その中腹にロサリオは一時住んでいたことがあるそうだ。ただ、確かに大学からは近いが、プエルト・アンヘル自体が只の片田舎なので、生活するには大変だったそうで、大学勤めを始めて1年あまりの間に6回も引っ越しをし、結局現在のウアトゥルコのアパートに落ち着いたようである。

プエルト・アンヘルは正に漁村。多くの漁船が湾内に浮かぶ

RETURN >

< PREVIOUS

2005_Huatulco_2.html
Intro.html

プエルト・アンヘルにはリゾートホテルも何軒かある

船着き場から海岸を見る。驚くほど海の透明度は高い

 昼食を摂るためのレストランは、プエルト・アンヘルからポチュトゥラに少し戻った山の中にあった。地元民でもなければ分からないようなところである。屋根しかないレストランではあるが、かなり小綺麗な店である。すでに昼食時は過ぎていて、レストランには客はいなかった。庭をニワトリがかけずり回り、テーブルの下では犬が昼寝をしている。時々そよ風がレストランのなかを吹き抜けていく。実にのんびりとした店である。

 結論から言うと、この店の料理が今回の旅行の中で食べたもので最も美味しいものであった。やっぱりメキシコは料理も美味しい。

 食後、今度はこの地域の中心となるポチュトゥラへ足を延ばした。この町はクルセシタの町以上に規模が大きく、また、観光地的雰囲気は全くない。生活感溢れる町である。

 町中には露天が並び、実に賑わっている。余りに混み合っていて道を歩くのも大変である。商店街の片隅のカフェで一休みするが、向かいのゲームセンターでは学校帰りの中学生だろうか、女の子達が制服姿のまま踊るゲームに興じている。通りには民族衣装を着たおばさんも歩いている。

カウボーイのレストランにて。豪快に肉を焼き上げる

ポチュトゥラの教会

ポチュトゥラの商店街

 さて、そろそろ空港に向かう時間である。ポチュトゥラからだと空港まで40分ほど掛かる。メキシコの地上の風景とは暫くお別れである。今日はメキシコシティーに飛んだらそのまま空港ホテルに泊まり、翌日は朝の飛行機で日本に直行する。

 空港に着くと、まずはチェックインして荷物を預け身軽となる。ゲートが開くまでの間、しばしロサリオと話をする。彼女には本当にお世話になった。有給まで取って我々に付き合ってくれたのである。今度は彼女が日本に来る番である。長期で来ることは仕事上無理だが、短期の滞在ならば来てくれそうである。

 まもなくゲートが開く時間となった。ここで漸くロサリオとお別れとなった。今度は日本で会おうと約束し、我々は搭乗ゲートへと向かった。

 帰りの飛行機はアエロカリベのキャリアーであった。メヒカーナと違って短時間のフライトにもかかわらずサンドイッチが供食された。40分も飛ぶとメキシコシティーが夕暮れの中に見えてきた。


翌1月18日、メキシコシティーは恐ろしく寒かった。空港職員も可能な限り服を着込んでいるが、それでもふるえながら仕事をしている。空港ホテルでニュースを見ていたら、市内で凍死者が出るほどの寒さらしい。

 ともかく、日航11便に搭乗し、帰国の途についた。これで我々の新婚旅行もおしまいである。特に大きなトラブルもなく、無事に事が運んだのはカミさんに全てスペイン語を喋って貰ったからに他ならない。本当に感謝である。

 ホンジュラス・メキシコに新婚旅行の巻はこれにておしまい。