ラルプ・デュエズ

 

 スウェーデンからの帰り、パリで乗り換えだったので、空き時間を利用してリヨンの友人に会いに行く。折角来たというので、リヨンから車で2時間ほどのラルプ・デュエズに行ってきた。ラルプ・デュエズは冬のスキーリゾートとして有名なほか、ツール・ド・フランスのアルプスラウンドとして有名な山岳コースとなっている。翌日が本戦ということで麓のブール・ドアゾンの町からラルプ・デュエズまでの沿道は多くの人が集まっていた。コースとなっている道路の表面にはスプレー塗料でいろいろ書き込まれている。完全にお祭り騒ぎであった。

RETURN >

< PREVIOUS

2006_Lennakatten.html
Intro.html

ラルプ・デュエズからラック・ブランまで最初のロープウェイ、そこでさらにラック・ブランピーク行きのロープウェイに乗り換えるとそこはすでに標高3323mの氷河の世界

真夏にも関わらずスキーゲレンデには雪が残る

ラルプ・デュエズの最高峰はピーク・バイユ(3465m)。その周辺は氷河が取り付く

氷河越しの風景

ラック・ブランからの風景

ラック・ブランからラック・ブランピークを望む

青い水をたたえるラック・ブラン

ラック・ブランピーク。さきほどあの天辺まで行ってきたのだ

眼下にはアルプスの集落が見える

ラック・ブランピーク

 本来ならば自分の足で登りたいところであるが、時間の制約があるので仕方ない。というより、他力本願でこのような高山に行けてしまうのが凄いところである。ともかく、これにて今回の旅はおしまい。天上界からまた日本に戻らねばならない。