初めてのパック旅行 サムイ島

 

 今年の夏はあまりに忙しすぎ、夏休みを取るのが9月も半ばとなった。今回は、旅行の手配も面倒だったので、生まれて初めてのパック旅行を申し込んだ。とはいっても、基本的はフリーツアーとなっていて、現地係員がいる程度のものである。

 この夏は何処に行こうかいろいろ検討していて、ともかくは南の島、というところまでは意見がまとまったのだが、では具体的にどこに行くとなるとなかなか決まらなかった。今回は旅行の手配も手抜きしているし、あまりお金も掛けないということで行き先はタイのサムイ島、ということになった。なぜ有名なプーケットではないのか? この9月という時期、プーケットは雨期の筈である。南シナ海側のサムイはまだ雨期に入る前であり、少しはまともな天気が期待できたためである。

 それにしても、今回パックツアーということで何から何まで初めてのことばかりである。今回は一応JALのツアーなので、不手際はないと考えているが、空港に行くまでチケットがないというのは不安なものである。また、ツアーには専用チェックインカウンターがあるというのも今回初めて知った。パックツアーだからだろうか、席はチェックインするまで決められず、しかも割り当てられたのはジャンボの真ん中の席である。外も眺められず通路にも出にくいという最悪の席であるが、これがパックツアーということなのであろう。


 さて、今回もバンコク行きはJL717便である。機内の映画は前回ドイツからの便と同じ。機内誌も同月であるから同じである。仕方がないので、ちらほら映画を見た後はパズルゲームで時間を潰す。

 バンコクには定時に到着した。が、どうやらバンコク発サムイ行きの飛行機は出発が遅れそうである。只でさえ待ち時間が長いので、どうやって時間を潰すか。ともかく、スワナプームの国際線から国内線へと続く長い廊下を時間潰しを兼ねてちんたら歩く。

 バンコクエアのカウンターで航空券を発券して貰うと、まずは現金を入手するためにキャッシュディスペンサーへ。タイバーツは少し持ってきたが、今回の行き先はリゾートであり、物価は他のタイとは比較にならないであろう。当面必要と思われる3000バーツを手に入れた。

 バンコクエアはサムイ島への空路を独占している会社である。というわけディスカウントチケットとは縁がない会社であるが、その分サービスは良い。バンコクエアのチケットを持っていれば、空港ラウンジを使うことができるのである。軽食サービスはもとより無料のインターネットもある。

 だらだらとラウンジで4時間も待っていると、漸くフライトの時間である。すでに日は沈み、飛行機からの窓の風景は無し。今晩は飛行機が遅れたこともあり、サムイでの食事はできないが、たった一時間のフライトでも機内食が出たため、ともかく夕食の心配だけはしなくて済んだ。

 飛行機が島に近づくと、島の明かりがぽつんぽつんと見えてくる。民家の明かりの上をすれすれの感じで飛んでいくと、漸く着陸である。飛行機が駐機スポットに到着すると、オープンタイプのバスが飛行機の出口に集まってくる。このバスに乗り込むと、茅葺き屋根の空港ターミナルへ移動する。荷物を受け取ると、今度はミーティングポイントと呼ばれるところまでまたオープンバスで移動である。少々システムが複雑である。

 バスを降りると、我々の名前を掲げたガイドさんをすぐに発見。タウヴィーサップさんという方が今回のツアーのガイド役とのことである。すぐに迎えのバンに乗せられるが、客は私とカミさんの二人だけである。

 空港からの道はヘッドライトの明かりで見る限りは農道以下である。30分近く走ると漸くホテルに到着した。

 今回のホテルはバーン・ヒンサイ・リゾートというホテルである。webで確認した限りは中級ホテルのようであるが、食事とスパのグレードが高いという評判もあるようである。ともかく、今日は夜も遅く、ガイド氏が今日以降の予定を我々に伝えるのを聞くと、早速部屋の方へ入る。

今回のベストショット。ホテル猫とプール

3段あるうちの下段のプールは水深1.8m

ホテルのプール。このホテルには泳げるビーチはない

 翌日、朝からツアーの一環であるタン島へと向かう。ガイド氏が迎えに来ると、バンに乗ってバンカオの浜へと向かう。そこで漁船と同じ木造船に乗り込むと、一路タン島へと向かう。

 出航後暫くは波静かであったが、海峡を渡る時には少々の波。とはいえ、大した揺れではない。20分も走ると島影に入り、滑るように船は進んでいく。

この時間は干潮。釣り人が海に入って釣り糸を垂れている

船から見たタン島。緑豊かな島である

 最初そのまま島に上陸するのかと思っていたが、珊瑚礁の近くに船を泊めると、そこから海に入れとのこと。これは面白そうである。カミさんは救命胴衣をつけて海に入るが、私はそのままドボン。

ガイド氏がパンを投げ入れると熱帯魚が飛び上がってくる

NEXT >

< PREVIOUS

Intro.html
2007_Chaweng.html

その中はこんな感じ

パンを持って来ると、どんどん魚が寄ってきて・・・

視界は遮られ・・・

何とかしてくれ!

見事な色のイソギンチャク

見事な形の珊瑚

 珊瑚礁の間には白砂の溜まっているところがあり、そこには安心して立つことができる。但し、ナマコもたくさんいるので、立つ時には黒くて太いのがいないことを確認してから。

見事な色の珊瑚を泳ぐ熱帯魚

すぐに魚が寄ってくる

色々な珊瑚の集合体

巨大珊瑚の前を泳ぐ熱帯魚

 今回はシュノーケルを持ってきていなかったので、素潜りである。珊瑚礁の殆どは背が立つ程度の深さしかないので、疲れたら砂場で立っていれば良い。ただ、一旦珊瑚礁を外れると一気に深くなっている。4~5mほど潜ってみたが、まだ底が見えないほどである。

 暫く珊瑚礁の間を漂っていたが、そろそろ食事の時間だというので船に上がり、タン島の浜に上陸する。

タン島の浜

タン島向かいのマットスン島。無人島とのこと

曇ってはいるが紫外線は強い

タン島からサムイ島バンカオの浜を望む

 食事の支度が整うまで、浜を歩く。浜辺には無数の穴が空いているが、全て蟹の掘った穴である。ガイド氏が掘り起こすと上手に蟹を掴まえる。私は蟹の穴に水を入れると蟹が出てくるのを知っているので、水を流し込む。すると蟹は満潮になったと勘違いして穴から出てくる。結構蟹はすばしこく、浜に放すと大急ぎで横走りする。

 浜には蟹だけでなく兎もいたが、これは野生。人がいても逃げることもなくのんびりと歩いている。この島には犬がいないためであろう。代わりにサルがいる。但し、ペットではなくこの島の産品であるココナッツを採るためである。

兎ものんびり歩く

ブタオザル。彼も今はお昼休みとのこと

一方、人間のココ割作業。かなりの重労働と思われる

本日の昼食。魚の素揚げに野菜炒めとスープとチャーハン

 食事の前後にはハンモックで昼寝したりとのんびりと過ごし、タン島ツアーはこれでおしまいである。


 ホテルに戻ると塩を落とし、折角だからホテルのプールでも泳ぎ、一眠りしたら今度はホテル前でソンテウを掴まえてチャウエンの町に出る。

サムイ島最大のリゾートタウン、チャウエンストリート

 チャウエンのストリートは南北4キロに渡る大規模なリゾートタウンを形成している。それにしても驚くのは白人が多いことである。日本人もいるにはいるが、白人の比ではない。立ち並ぶレストランにしても、何故かイタリアンが異常に多い。別にイタリア人が主な客というわけではないだろうが。さらに珍妙なのは、スイスータイ料理やオーストリアータイ料理という不思議な組み合わせの店があることである(もちろん、日本ータイ料理という店もあった)。

 いずれにせよ、余りに店の数が多いので今夜の食事をどこでするかがなかなか決まらない。結局、表通りをはずれ、路地に入ったところのタイ料理店を選んだ。通りに面していないことから、静かに食事の出来るなかなか美味しいお店であった。ただ、やはりというか、客は白人ばかりであった。

 満足したところで通りに出てソンテウを掴まえ、ホテルへと戻った。

今晩の料理はグリーンカレーとトムカーカイと野菜炒め

ソンテウにて宿へと戻る