カーン

 

 リヨンでの国際学会が終わった後はカーンで日仏合同会議である。リヨンからTGVでパリ・リヨン駅に移動し、そこから車でサンラザール駅へと移動するのであるが、パリ・リヨン駅で二班に分かれてタクシーに乗ろうとしたのが悲劇の始まり。地下鉄を使えば時間通り動けるのであるが、日本組はトランクを抱えた人ばかりということで地上移動ということになった。パリ市内移動には1時間を確保していたのだが、予約していたタクシーのうち一台が何としても来ない。渋滞に巻き込まれて遅れているのだ。先発組がサンラザールに向けて出発してから30分近く経って漸く2台目のタクシーが来たが、時すでに遅し。サンラザール発で指定を取った列車は先発組だけ乗せて行ってしまった。次のカーン行きは2時間後。駅構内のスタバで皆で時間を潰す。これで、カーンでの会議の予定は全てパーのはずである。


 待っている間にこのツアーの取り纏め役のジャンが切符を全員分買い直してきてくれた。遅れたのは仕方ない。むしろ会議の時間は短くなるというものであろう。

パリ・リヨン駅の時計塔の下でいつ来るとも知れないタクシーを待つ

サンラザール駅に来るのは実に22年ぶり

漸く我らが乗る列車が来た

カーンに着いたら珍品のゴムタイヤトラムに乗り終点のカーン大学へと向かう

大学構内にて。う〜ん、これは何のモニュメントだ?

 カーン大学での会議は2時間遅れでスタート。時間にルーズなフランス人だからこそ遅れていようが気にしないという美徳が活かされているようである。

 会議が終わると至急で夕食会のセッティングされているカーン城南東の旧市街へと向かう。今夜の食事はル・プティ・B(http://www.leptitb.fr/accueil)というレストランである。

木組みの建物が並ぶ地区

そのうちの一軒が今晩の食事の場

海が近いせいか魚が中心。これは金目鯛の煮物。なかなか旨い

 明日はエクスカーションでモンサンミッシェルである。

NEXT >

< PREVIOUS

2013_Arles.html
s2013_MtStMishcele.html