ムーシェロット登山

 

 翌日は夕方から学会のレセプションなので日中は時間がある。従って、宮原氏と山行きを約束していた。だが、今は車を人に貸していて足がないとのこと。事前にそれが分かっていたので、公共交通機関だけで登れる山を探しておいたのだが、それが今回登るグルノーブルの目の前に立ちはだかるようにそびえ立つムーシェロットである。

 リヨンからグルノーブルまでは列車で移動、そこでトランジゼールバスに乗り換え、サン・ニジェ・ドゥ・ムーシェロットで下車。なのだが、リヨンから乗った列車が途中で止まってしまい、グルノーブル着が30分近く遅れてしまった。バスの発車まであと1分である。駄目もとでバスターミナルまで行くとまだバスはいる。乗ろうとすると、運転手にバスチケットを買ってくるようにと言われ、バスターミナルの出札窓口に戻り、ともかく2名分の切符を購入。バスが待っていてくれることを期待してバスの所に戻ると有り難いことに出発時間を5分過ぎているのに運転手は待っていてくれた。1日僅か数本のバスなので、これくらいはサービスということなのであろうか。

 麓から見るムーシェロットはかなりの岩峰

 登山口は爽やかな草原地帯

 暫くは林道(ロシュ通り)を上る。途中、グルノーブルオリンピック時代のジャンプ台廃墟も見られるルートを通って高度を上げる

NEXT >

< PREVIOUS

2013_Lyon.html
2013_Lyon_2.html

なかなか雰囲気の良いルート

ナナカマドのような木もある

GRのマーキングに沿って

これだけしっかりルート案内があるので迷いようがない

一本道を上る

ルート上グルノーブルの町を見下ろす断崖

魚鱗草のような植物

尾根筋は完全な岩稜帯

高度感はたっぷり

まもなく頂上

標高1875m、頂上の方位盤

頂上から先の岩稜

頂上付近はかなり開けている

頂上からの眺めは最高

バスチーユ要塞も眼下に見える

グルノーブルの反対側はなだらかな地形

かつてここにはホテルがあった。この建物はその唯一の遺構

ホテル跡地から下にはかつてブルドーザーや雪上車が通ったと思われる道

登山基点はこの教会。正門脇には井戸もあって冷たい水が補給できる

ムーシェロットの倍峰となる岩山

登山基地側からムーシェロットを望む

サン・ニジェ・ドゥ・ムーシェロットのカフェから岩峰を見る

バスを待つ間カフェで一息

ここがバス停

バスチケット